自動化・オートメーション化すべき工程とは?

技術の進歩によって、あらゆる工程を自動機・省人化装置を用いて手作業を自動化できるようになりました。一方で、どのような工程を自動化・オートメーション化するべきか、という点については意見は様々です。
 自動機・省人化装置.comを運営するタカキ製作所株式会社でも意見が分かれるところですが、例えば以下3点が挙げられます。
      ・例外作業の少ない単純作業
      ・繰り返し作業
      ・工数の大きい作業
例えば、「検査装置」「搬送装置」などは以上3点によく当てはまります。書き出してみれば当たり前ですが、検討をしている間に忘れてしまうことが多いので意識する必要があります。

投資回収期間の考え方

当然ながら自動機・省人化装置を導入する際に、投資に見合うかどうかを判断しますが、一般的には投資回収期間で判断します。3~5年前までは「1~2年」で回収する前提で投資の妥当性を判断しているユーザー様が多数を占めました。しかし、近年は人件費の高騰や、採用難によって「3~5年」でも導入するといったユーザー様が増えてきたように感じます。

< 検査装置・搬送装置の一例 >